スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bay、ロックバンドのスポンサーとなる

The Pirate BayがスウェーデンのロックバンドLamontのプロモーションを行っているよ、というお話。当然、The Pirate Bayが後援するからには音源はMP3、OGG、FLACフォーマットで無料提供される。それでもそれほど認知度の高くないアーティストにとっては一定の意義のある行動かなぁト思ったりもする。1日にして10万回以上ダウンロードされ、彼らのビデオは6万回以上再生されたのだそうな。個人的には、ニューカマーがであればこそ、こうした露出に積極的であるべきだと思うけどなぁ。ちなみに、このLamontは、以前に紹介したThe Pirate Bayの新たな音楽ビジネスモデルPlayble.comの第一段アーティスト。ただ、もうこのサイト繋がらないけどね。

原典:TorrentFreak
原題:The Pirate Bay Sponsors Rpck Band
著者:Ernesto
日付:November 03, 2007
URL:http://torrentfreak.com/the-pirate-bay-
sponsors-rock-band-071103/

The Pirate Bayはそのフロントページ上で、スウェーデンのグラムロックバンド『Lamont』をフューチャーしている。メジャーレベルとは異なり、Lamontはファイル共有のパワーを認めており、無料で彼らのアルバムを提供している。 そしてその試みは成功していない、というわけではない。この24時間のうちに、100,000万人以上jが彼らのアルバムをダウンロードしている。それは他のアーティストが夢に見ることしかできない数字だろう。

Lamontは、彼らのアルバム『Golden Daze』のMP3、OGG、ロスレスのFLACなど複数フォーマットのリップを提供している。またバンドは、彼らのシングル曲の高画質オンラインストリーミング or ダウンロードできるビデオも投稿している。興味深いことに、クリップはThe Pirate Bayの管理人の1人、Brokepお気に入りの「garden store」のショットである。

Brokepは、彼らがバンドをサポートするために、BitTorrentで彼らの音楽を共有して欲しいと願っているとTorrentFreakに語ってくれた。おそらく将来的には、このようなプロジェクトがより多くThe Pirate Bayにおいてなされることだろう。

もちろん、Lamontは彼らが得た多くの注目と、その無料のパブリシティーに対して非常に興奮している。彼らは、公式Webサイトにこう記している。「The Pirate Bayが僕らをサポートした最初の24時間の間に、10万人以上の人が僕らのアルバムをダウンロードしてくれました!そして、60,000人以上の人が、『Golden Daze』のビデオを視聴してくれました・・・これが最初の1日目、です!全くクレイジーだ!」

無料でアルバムを配布することが間違った考えだという人もいるだろう。しかし、我々が以前に示したように、大半のアーティストは共有(もしくは海賊行)によって利益を得ている。最近の調査はこれを実際に確認しており、より多くの音楽をダウンロードする人ほど、より多くのCDを買うことを示している。その他にも、人々が彼らの音楽を聞くようになる、それは全く意味のないことだろうか?

おそらく、意味は十二分にあるだろう。少なくとも、世界レベルでは皆無に等しいほどの知名度しかないLamontが、突然に多くの人の前に自らの音楽を公表することができたのだ。もちろん、その全ての人に気に入られるわけではないだろうが、彼らの音楽に触れた人が多ければ多いほど、その彼らを気に入る絶対数は増えるだろう。

はっきり言ってしまえば、無料でダウンロードできる、というのはその程度のものなんだと思うよ。確かに10万回以上ダウンロードした人がいたとしても、その大半はちょっと聞いてみようってところだろう。もしこれが、1枚8.99ドルのアルバムだとしたら、大半の人がダウンロードしていないに違いない。

だからこそ、私は違法ファイル共有でダウンロードされた数が膨大に及んだとしても、その大半の人はハナから購入する気などない人たちなのだと思っちゃうのよね(もちろん、私自身の感覚として)。

しかし、その一部は確実に潜在的な購買層であるということが言える。それは、この記事でリンクが張られたMichael Geistのブログエントリにもあるように、ダウンロード数とCDの購入数には正の相関があるということだ。より多くの人に触れてもらうことは、その層にアプローチすることにもなる。それゆえに、ポジティブな効果を持ちうるのだと思う。

ただし、そのような効果がある一方で、ダウンロードできれば買わなくてもいい、というライトリスナー層が存在することも否定し得ないだろう(もちろん、私の感覚としてはあまりピンと来るものではないが)。もしそうだとすると、それは既に多くのライトリスナーに認知されたアーティスト(つまり、既に人気を集めているアーティスト)にとっては、不利益を生み出すかもしれない。なので、このようなThe Pirate Bayのような手法がうまくいくのは、ニューカマー~中堅、もしくはコアなファン層を持つ人気のアーティスト、ということになるだろう。

次のエントリでは、そのP2Pファイル共有とCDの購入との関連を検討したカナダでの調査に関する記事を紹介するよ、というお話。

ところで、このLamontというバンド、残念ながらあまりグッと来なかったのだけれども、グラムロックって最近こんな感じになってるの?SladeとかT-Rex、Sweetを思い浮かべちゃうから(David Bowieはそんなに好きくない)、ちょっと調子はずれというか何というか。最近のアーティストでグラムっぽいのって言えば、現OasisのGemのいたHeavy Stereoくらいしか思いつかないわね。

ちなみに、Lamontのこの曲の歌い方とエフェクトはT-Rexっぽくもある(歌の出だしだけね)。後半は、Franz Ferdinandチックになっちゃうけどね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/834-cd5a7448

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。