スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ozzy Osbourne:「音楽をダウンロードする人々から苦しめられているんだ。」・・・でもライブには来てくれる?

ドラッグと酒に溺れすぎてかつてはBlack Sabbathを追い出され、そして再びBlack Sabbathに帰ってきたOzzy Osbourne、そんな彼がインタビューの中で違法ファイル共有について語っているよ、というお話。「私は音楽をダウンロードする人たちからひどく苦しめられている。」と彼は言う。その一方で、そのようなダウンロードによってライブに人が来る、ということも認めないではない。まぁ、そんなカオスなところは依然としてあるOzzyのお話。

原典:TorrentFreak
原題:Downloaders Confuse Ozzy Osbourne to Go on Tour
著者:enigmax
日付:November 02, 2007
URL:http://torrentfreak.com/downloaders-confuse-ozzy-osbourne-to-go-on-tour-071102/

Herald Sunのインタビューにおいて、彼は多くの問題を語っている。しかしもちろん、我々はファイル共有に関する彼の意見に興味を持った。 彼は自らの音楽についてこう述べている。

「俺は音楽をダウンロードする連中からひどく苦しめられている。それを止めさせことができなきゃ、誰もレコードを作れなくなっちまう。新しいバンドが出てくることもなくなる。どうやって彼らは生き残っていけと?俺はもう古参だよ。40年のキャリアがある。でも、新人バンドたちはこれから苦しめらることになるんだ。タダで手に入れるなんておかしい。」

おそらく、バンドは新たなアイディアでイノベートしなければならないのだろう。たとえばRadiohead、彼らが利益を上げたことが明確になりつつある今、それは理解されていることだろう。あるいは、Princeのアプローチをとって、新聞に自らの音楽を添付するというのはどうだろう?いずれにしても、ファンが音楽を聴いてくれるのであれば、彼らはギグに来て、喜んでバンドのグッズにお金を出すことをバンドは理解する。

『ライブ』とSharon Osbourne-Ozzyの妻であり、ビジネスマネージャーであり、そしてOzzfestの創案者-を非難することはできない。Sharonは彼にこう説明したようだ。

「Sharonは俺にこう言うんだ。レコードをダウンロードできるおかげで、ツアーを回れるバンドがどれだけいるかを知ったら肝を潰すでしょうね、って。そんな奴らもロック・ショーには勝てやしないんだと。」

全くその通り。 Ozzyのコンテンツをダウンロードするあらゆる人々は、新たな潜在的ファンである。それは彼が『生計を立てるために』行っているライブを満たし、そのショーの数を判断するのに役立つことだろう。そのような助けは実際にうまくいっているようだ。

「俺の長いキャリアの中で、今ほど多くのライブショーを行ったことはない。今年90のショーをしたよ。」

2004年にNME誌の『God-Like Genius』を受賞したにもかからわず、Ozzyにはより人間らしい特徴-たとえば当惑や混乱-を持ち合わせていることが知られている。そしてこのインタビューにおいてもそれは少しも異ならない。ダウンローダーのせいで『ものすごく苦められている』にもかかわらず、引退を考える必要もなく、むしろ、彼のレコードセールスに満足しているようだ。

「私はそれを試した。しかし、それでもどうもうまくいっているようだ。私は依然としてたくさんのレコードを売っている。」

では、将来の見通しはどうだろうか?

「ますます大きくなっていくだろうね。」とOzzy。

まぁ、最後の3行はちょっと違う文脈で言っているみたいだけどね。違法ファイル共有とは関係なく、彼自身、酒とドラックとの絶縁を誓っての発言のようにも思えるけど。

前々回のエントリの話でいえば、Ozzyはメジャーアーティストではあるけれども、オールドファンの需要が多く、その一方で彼の元を離れたファンも多数いる。さらにいえば、おそらく彼は最近の音楽ファン達にリーチしていない。だからこそ、ダウンロードされることでより多くの人に自分の存在を知らせることができる。それがより多くなればなるほど、その中に彼のライブに行ってみようかなと思う層がでてくるかもしれない、と。

ただ、それもMySpaceなんかに行けばある程度は聴けるのだけれどもね。その辺はコストとかインセンティブなんかが異なるから、なんでしょうか。

それはともかくとして、個人的には初期Black Sabbathのころに一番の魅力を感じるので(OzzyよりTony IommiとかGeezer Butlerのほうが好き)、どうもOzzy Osbourneの新作ってのはあまり食指が動かないというか何と言うか。だからダウンロードされているという感も無きにしも非ず。とりあえず、聞いとくか的な。ただ、そういう部分ってのは往々にして重要なんじゃないかなと思ったりもする。少なくとも、聴いてみるってことに動機づけられた人がいる以上、それを逃すってのはもったいないからね。どうやってその人たちにアプローチできるか、ってのを考えるのもいいんじゃないかしらね。

と、余談だけれども、このTorrentFreakの記事のコメント欄にはOzzyの酒・ドラッグ癖を非難しているコメントが大量に寄せられていてゲンナリ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/838-51cc6a73

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。