スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUMOTorrent:世界で3番目に大きな、新人トラッカーへのインタビュー

SUMOTorrentという新興BitTorrentサイト/トラッカーがある。ほんの6ヶ月前に設立されたという、まだまだ開始間もない状況であるにもかかわらず、SUMOTorrentは1日に35,000人のビジターを迎え、200万以上のPeerをトラックしているという。Alexaランクも1,052番目につけており、Webにおいても非常に重要なサイトとなった。このようなSUMOTorrentの成功には、どのような背景があったのか、今後彼らはどのような未来を描いているのか、についてTorrentFreakがインタビューを行っているよというお話。

原典:TorrentFreak
原題:SUMOTorrent: The New BitTorrent Juggernaut?
著者:Ernesto
日付:November 08, 2007
URL:http://torrentfreak.com/sumotorrent-new-bittorrent
-juggernaut-071107/

SUMOtorrentは現在、Alexaの1,052番目にランクされている。これは彼らがインターネット上で最も訪問されるWebサイトの1,000傑を惜しくも逃したということを意味する。加えて、SUMOtorrentは、非常に必要とされているBitTorrentトラッカーとして、そしてその最大規模のものの1つとして運営されている。

サイトが6ヶ月前の設立当初の、ほんの10人ちょっとの訪問者しかなかったことを考えると、これはかなり尋常ではないことである。

ありがたいことに、SUMOtorrentの管理人は、我々のインタビューを受け入れてくれた。そこで、我々は彼のサクセスストーリーについて、もう少し学ぶことができる。

TorrentFreak:SUMOtorrentは、現在どれくらいのビジターがいるのですか?

SUMO:SUMOTorrentは、現在およそ35,000人のユニークビジターがおり、SUMOトラッカーは現在、200万ものPeerをトラックしています。おそらくはシングルサーバによってホストされるトラッカーの中では最大のパブリックトラッカーでしょう!我々は最近、 第二のパブリックトラッカーをローンチしました。これがメイントラッカーと同様に、BitTorrentユーザたちによって利用されることを願っています。

TorrentFreak:これほどまでに早い成長のために、何をしたのでしょうか?

SUMO:我々がこれほどの早い成長を遂げたのは、ひとえに無数の人々の経験、アイディア、サポートによるものだと考えています!

TorrentFreak:ますますトラフィックが増大するにつれて、今後、高価なスポーツカーを運転していかなければならないのでしょうか?

SUMO:私は車を持ってはいませんが、私はあなた方全員に安全に運転してもらい、シートベルトを締め、制限速度を守るようお勧めします。多くのWebマスターは、お金とtorrentについての情報交換をしません。事実は、まさに高トラフィックを抱えるほかの人気サイトのように、SUMOTorentを含むtorrentサイトは4つのゼロ(1万ドル以上)の利益をあげています。しかし、我々はリッチではありません。月末には費用(SUMOTorrent/SUMOTracker用に6台のサーバをホストしている)開発者パートナー、バックアップサーバ、サービスのためにお金を支払わなければなりません。…来月に新たなサーバを購入ために、実際のキャッシュを持ってはいますが。我々のパートナーは、我々がしばしば毎月の支払いを遅らせるよう頼んでいるというかもしれません:p

我々は複数のサイトをサポートしています。若干の余剰金を持ち合わせているときには、それを彼らに寄付しています(Flimesoup、IndianMP3など)。

TorrentFreak: サイトはあなた方だけで運営しているのですか?それともあなた方を助けるモデレータチームがいるのでしょうか?

SUMO: 私たち自身によってサイトは運営されているのですが、我々のフィルターを通過したスパムやフェイクtorrentを削除するのを助けてくれるモデレータを探してます。

TorrentFreak: SUMOTorrentは自らのトラッカーを有する数少ないBitTorrentサイトの1つです。あなた方は我々が、さらなるパブリックトラッカーと必要とすると思いますか?

SUMO:もちろん、我々は更なるパブリックトラッカーを必要としています!多くのBitTorrentトラッカーはそれ独自のトラッカーを持ってはいません。それは法的トラブルを避けることであると思われるかもしれません。ただ、これは単なる弁解に過ぎないでしょう。BitTorrentトラッカーについて考えると、パブリックBitTorrentトラッカーは誰にとってもマネライズが難しいほどに多くのトラフィックを生み出します。SUMOTrackerは1ヶ月に500ドルのコストがかかります。我々はコミュニティのためにお金を使っているのだと感じています!

TorrentFreak: The Pirate Bayは、新しいプロトコルに取り組んでいると発表しています。これについてはいかがですか?

SUMO: 私にはSuprNovda /Exeemプロジェクトの苦い思い出があります。 しかし、The Pirate BayによってローンチされたSecureP2Pプロジェクトは、現在のプロトコルにおいてうまくいっていない点、改善に取り組んでいる点のエクスペリエンスをベースにした、BitTorrentの大幅な改善にいたると信じています。彼らは世界中のユーザからたくさんの提案を受け取っています。私はこの計画において、彼らが最善を尽くすことを祈っています。

我々はこのプロジェクトのヘッドとコンタクトを取っています。彼らがそれを達成するために必要とするいかなるリソースをも提供したいと考えています。SUMOTorrentはもちろん、新しいプロトコルをサポートし、ユーザにそれを促し、新たなトラッカープロトコルのためにSUMOTrackerに更なるトラッカーを追加したいと考えています。

TorrentFreak: 将来SUMOTorrentに実装しようとしている機能について、何かお話できることはありますか?

SUMO:更に多くの言語をサポートし、成長に合わせたサイトアーキテクチャに対応させるためサーバを購入したいと思っています。我々はまた、コンテンツパートナーシップにも取り組もうと思っています。我々のサイトを介して作品のスポンサー、コンテンツの自由な配信に興味を持つ全ての音楽グループやアーティスト、映画製作者を招待したいと思っています。The Pirate BayやMininovaのように、P2Pのパワーを利用して、グループをプロモートしたり、認知度を上げるためにアーティストを助けたりしたいと思っています!

TorrentFreak:現在活動を行っているアンチ海賊行為団体にメッセージはありますか。

SUMO:はい、Alexaランキングのトップ100のサイトを見てください!P2P、BitTorrentサイトは確実に定着しており、これらのサイトは、最近のオンラインコンテンツ配信のための主要な手段となっています。これは事実です。あなた方の顧客に通じるハイウェイを塞ごうとするのではなく、その問題の中に戦略を置かねばなりません。P2Pサイトがよりよく組織化され(それはすぐに訪れるでしょう、あなた方はそれを知っているはずです)、単なる個人によってではなくスマートな構造によって運営されるときがくれば、あなた方はデジタル革命のバンドワゴンに乗る最後の機会を逃したことを理解することになるでしょう。

一方で、全てのTorrentユーザに対しては、我々はあなた方がwww.sumotorrent.comに望むフリードライブを提供することができて、ハッピーです :)

TorrentFreak:ありがとう、SUMO。未来に幸あれ!

SUMOTorrentもThe Pirate BayのP2Pプロジェクトに乗っかる予定のようで、このプロジェクトの展開も非常に気になるところ。おそらくは、大手のサイトの大半がこの動きに乗じるであろうことを考えると、これまでのBitTorrentコミュニティが一変するような事態になるのかなと期待と不安を抱いてしまう。

このインタビューでも述べられているように、SUMOTorrentは現在のBitTorrentコミュニティにおいて数少ない大手トラッカーの1つである。トラッカーはBitTorrentを効率的に利用するに当たって欠くことのできない存在ではあるものの、その供給が大手に偏っているという状況にもある(The Pirate Bayは世界中のパブリックTorrentの50%をトラックしていると言われている)。それゆえに、より多くのTorrentをトラックすることを決めたことで、その需要を集めることができたのだろう。それがSUMOTorrentの成功に繋がったのだと思われる。

ただ、このような状況は、大手のパブリックトラッカーが何かしらの理由で閉鎖に追い込まれたときに、そのトラッカーが扱っていたTorrentが機能しなくなるということを引き起こす(SUMOTorrentの参入によって若干緩和されたのだろうが)。極端なことをいえば、The Pirate Bayが閉鎖に追い込まれれば、世界中の50%のTorrentが利用できなくなるということ。もちろん、1つのTorrentが他のトラッカーにもトラックされているし、バックアップされてもいる。またDHTなどを利用することもできるため、そこまでの影響を及ぼすということはないにしても、1つに偏りすぎれば、それが倒れたときに、それをバックアップする側の負担が増大し、どの程度になるのかはわからないが、少なくともネガティブなそして深刻な影響は避けられないだろう。

The Pirate BayのBrokepなどはそのような状況を避けるために、BitTorrentコミュニティはヒドラであれ、という主張を広めているし、おそらく彼らの進めているP2Pプロジェクトもそのような意味合いを含むことになるだろう。

SUMOTorrentは最後に、コンテンツ産業がデジタル革命のバンドワゴンに乗る機会を逃してしまうだろうと述べている。ちょっとこの辺が理解できない部分があるのだよなぁと思ったりする。結局のところ、現在の海賊ネットワークは、既存のコンテンツ産業に深く依存しているわけで、その既存のコンテンツ産業がバンドワゴンに乗れなかったこと、つまり負け組みなることが、その海賊ネットワークにどのような影響を及ぼすのか、ということは考えてないのだろうか。それとも、今後は海賊ネットワーク(そのときには海賊ではないだろうが)がそのコンテンツを生み出す場となるとでもいうのだろうか。

では、どうやってクリエイターを支えていくのだろう?少なくとも、既存のコンテンツ産業はコンテンツから利益を生み出すことだけではなく、その利益を(問題はあるにせよ)クリエイターに、それを支える人たちに分配するというシステムを確立している。

このような議論を見ていてしばしば思うのは、コンテンツを扱った話をしているにもかかわらず、結局のところ産業批判をしているだけで、じゃあその産業を倒せばどうなるのか、倒したとしてどのような構造になるのか、そこではどのようなシステムが機能するのか、というところまで、考えが及んでいないような気もする。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/845-19be023e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。