スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIAAと戦おう、そのために『Free Jammieグッズを買おう』・・・ん?

Kazaaを利用し、著作物を著作権者の許諾なく共有していたとして、222,000ドルの賠償命令を下されたJammie Thomas、彼女は控訴することを決め、その裁判費用の捻出のために、『Free Jammie』というロゴの入ったグッズを販売し、人々に支援を求めている。ただ、そのグッズというのがなんだか間の抜けた、あんまりセンスのいいものじゃないなぁというお話。個人的には、裁判の主張も含めて、あまりセンスを感じないし、彼女が本当に無実であるとも思いがたいので、おもわず苦笑してしまうのだけれどもね。少なくとも、RIAAに問題を感じているからといって、彼女の主張が正しいとはおもえないわけで・・・。

原典:ZeroPaid
原題:Fight the RIAA and Buy a 'Free Jammie Thong?'
著者:soulxtc
日付:October 30, 2007
URL:http://www.zeropaid.com/news/9080/

私はこのことをレポートする価値がどれほどあるかについては良くわからないのだけれど、私と同じようにこれが笑いを誘うものであるということを確信している。

ファイル共有訴訟おいて初めて陪審裁判を向かえ、不幸なことにそれに負けることとなったJammie Thomasは、彼女に対する20万ドルもの賠償を何とかしようと、できるだけのことをしている。

彼女は、弁護料や彼女に対する20万ドルの賠償金を支払うために、男性/女性用下着、マグカップ、Tシャツ、赤ちゃん用前掛けを売っているCafePressにストアを構えたようである。全ての商品には、彼女のある支援者が作成した『Free Jammie』のロゴがプリントされている。

ストアにあるメッセージにはこのように記されている。

Free Jammie Merchandise Storeは、freejammie.comの言葉を広く伝えるためのFree Jammieのロゴが施された製品を販売しているストアです。

Fox NewsのBill O'Reillyなら「本日最も馬鹿馬鹿しいアイテム。あなたはどう思う?」とでもいうだろうか。

パンツの股間部分にロゴを入れるだなんて、あまりにセンスがないとしかいいようがない・・・。どんなカルマを背負ったらこんなパンツをはかにゃならんのだ・・・。とにもかくにも、このJammie Thomasに関してはセンスがないなぁと思う(裁判での主張も含めてね)。

まぁ、ZeroPaidですら、このような論調なわけで、人々が持つこのJammie Thomasに対する訴訟への感想というのは、RIAAクソ喰らえ、か、自業自得、の2択な感じ。前者のほうが数は多いのだけれども、Thomasに対して共感、同情しているというよりは、RIAAと戦うために彼女を支援しようとか、そんな感じ。

freejammie.comへのDiggを見ていても、結構批判の声が見られる

She's an idiot for taking her case to court. If she was actually innocent I would help, but it is clear that she downloaded and distributed the tracks in question.

Maybe if she didnt lie to everyone (including us) about sharing music I would be more sympathetic to her cause. She put up a lame and blatantly false defense instead of confronting the real issues here.

I hate the RIAA, but why give money to her? She has a couple lawyers that will appeal for free (think I heard it on TWIT). I don't think I'm going to support her stupidity. If she was innocent I'd be all for it, but using the same screen name to do illegal activity... or even using Kazza? I don't think so.

Do something productive with your money, like supporting Radiohead.

3つともほぼ同様の主張。最後のものは、彼女にお金を出すなら、Radioheadをサポートするとか、生産的なものに使おうよと述べており、ほんとそう思う。もちろん、多くの支持を集めているコメントは、RIAAと戦うために彼女を支援しようとか、そういった類のものなんだけどね。ただ、それもRIAA憎しの感情を媒介しているようにも思える。

上記のコメントに共有しているのは、もし、「彼女が無罪であれば」、彼女をサポートしただろうということ。おそらくこのコメントを残した人たちは、少なくとも彼女が無罪であることを望んでいた人たちだと思われる。でも、そんな人たちですら、彼女への判決が致し方ないと思えるくらいに、彼女にとって不利な証拠ばかりの裁判であった。

それと同様に、多くの人が感じていたであろうことは彼女が実際にKazaaを利用して著作物を共有していた、ということ。彼女の裁判の記事を読む限りでは、ほとんどの人は彼女は無罪ではないと思ったことだろう。少なくとも、陪審員達は、彼女が嘘をついているという点では完全に一致している。

私自身も、彼女への判決があまりに重い賠償金を科せられているという点で、裁判によらないRIAAの前訴訟和解戦略を後押しする結果となったことを危惧してはいるが、彼女自身に対してはそれほど同情的というわけではない。確かに、賠償の額が妥当とは思えないし、その点では不条理だと思うところもあるのだけれども、結局のところ、彼女の弁護戦略が招いたものだとも思える。

少なくとも、当該の時刻にKazaaにて利用されていたアカウントのIPアドレス、MACアドレスが彼女のものと一致しており、そのアカウントのスクリーンネームが彼女が好んで利用してきたIDであることなど、彼女にとってあまりに不利で、合理的な反論ができない証拠が突きつけられている。少なくとも、これから裁判が続いたとしても、それを覆すだけの主張をすることはできないだろう。

ただ、損害賠償の算出については議論の余地があり、その点では価値のある裁判になるだろうということは認められるけれどもね。

Jammie Thomasの裁判については、色んな記事を読んでいるので、いつかまとめてアップします。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/849-131745e9

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。