スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディペンデント映画製作者、映画を盗んだ海賊達に感謝

Jerome Bixby's The Man from Earth インディペンデント映画、「The Man From Earth」の製作者が、彼の映画がBitTorrent上にリークされ、その反響としてIMDBやAmazonに多数のポジティブなレビューを書き込まれたことに、感謝を述べているよというお話。通常、インディペンデントな映画は、広告のための予算を持ち得ないために、製作したはいいもののプロモーションをかけることもパブリシティを得ることができない、という問題を抱えている。その点でこの件は、海賊行為によってリークされたことで、その人たちの反応によって、多くのパブリシティを得るということもあるということを示している。もちろん、みんながみんな違法ファイル共有からダウンロードされてしまっては、製作者が次の作品を製作するだけの資金を得ることはできなくなってしまうわけで、単純にこれをベストアンサーとして考えることは難しい。

原典:TorrentFreak
原題:Producer Thanks Pirates For Stealing His Film
著者:Ernesto
日付:November 13, 2007
URL:http://torrentfreak.com/producer-thanks-pirates-
for-stealing-his-film-071113/

インディペンデント映画『The Man From Earth』の製作者、Eric Wilkinsonが、RLSlogへの電子メールにおいて、彼に無料のプロモーションをもたらしてくれる人々に感謝していると述べている。『今後、私はファイル共有ユーザについて不満を言うことはないでしょう。私が次の映画を製作したときには、私自身が映画をネットにアップロードするでしょう!』と綴っている。

彼の映画への注目は、BitTorrent上に新たにリリースされたものをレビューするブログ、RLSlogにおけるポジティブなレビューによって促進された。BitTorrentで映画をダウンロードした多くの人々がそれを気に入り、彼らはAmazonやIMDB、その他のWebサイトにポジティブなレビューを書き始めている。

Wilkinsonは、このような注目に治して、喜ばしい驚きを感じたようだ。彼はRLSlogに、彼の映画を違法にダウンロードする人々は実際には彼のプロモーションを助けているのだ、と電子メールで説明した。

彼はこのように述べる。

「我々のインディペンデント映画は、ほとんど広告予算をもっていませんでした。誰かがDVDスクリーナーをリップ氏、映画をオンラインで誰もがダウンロードできるようにするまでは、ほとんど注目もされることはありませんでした。『The Man of The Earth』をダウンロードしたほとんどの人のフィードバックは、圧倒的にポジティブなものでした。人々は私の映画を好み、それについて話してくれます。それらは全て、ネット上での海賊行為のおかげです!」

これを示すように、IMDBにおいてこの映画は700 に迫る投票を集め、平均レイティングは8.2であった。それは過去2週間の人気映画のものと並ぶほどである。

Wilkinsonは、海賊を賞賛してこう続ける。「君らがここでしたことは、驚き以外の何物でもありません。今後、私は海賊行為について不満を言うことはないでしょう。あなた達はこの小さな映画を有名にするのを支援してくれました。私が次の映画を製作したときには、私自身が映画をネットにアップロードするでしょう!」

この例は、再び、特にわずかな予算しか持たないインディペンデントな作品にとって、ファイル共有ネットワークが非常に強力なプロモーションツールとなりうることを示している。

まぁ、結果オーライという感じだけれども、製作者としてみれば嬉しいことこの上ないだろう。1つには作品への数多くのポジティブな評価を得たこと、1つには自らの作品がパブリシティを得たこと(この記事も含めてね)。

ただ、これを完全に合法的なところで展開しようとするのもまた難しいかもしれない。先述したように、オープンな環境でコンテンツを公開してしまえば、みんながそこで視聴してしまうし。映画などは特に1度視聴されてしまえば、2度目があることはそれほどないわけで、そうなるとコンテンツの販売に影響を及ぼす可能性もでてくる。期間を限定するにしても、認知度の低い作品ゆえに火がつくまでには時間がかかりそうだしね。なんとも難しいところ。

といっても、海賊行為万歳ってわけじゃなくて、結局このケースも数多くリークされた作品の1つでしかないわけ。プロジェクトXみたいなもので、こうやって目にするのはみんな成功したケースばかり、うまくいかなかったケースってのはあまり人目に触れないままに消化されて終わりってこともあるだろう。むしろ後者のほうが多いような気もする。

やはり比較的閉鎖された環境で、かつそれなりのユーザベースがあるところではないと難しいのかなぁ。いってみれば、批評家にレビューしてもらう代わりに、気まぐれなユーザ達にレビューを依頼するってところ。でもって、それでもうまくいく可能性は低いってことも考慮しないといけないよね。レビューしてくれるかどうかもわからないし、まかり間違えばそのレビューはネガティブなものになりかねないし。

といっても、その辺を覚悟した上で、トライするという製作者がいてもおかしくはない。そうした製作者にとっては、リスクよりもチャンスのほうが魅力的にうつるかもしれない。もともとリスク負うほど人気ないぜっていえる人なら、いいのかもね。

ただ、こうしたポジティブな効果は、少なくともインディペンデントな作品、認知度の低い作品であればこそなところもあるので、一般的な作品においてもそれが当てはまるかどうかはわからないよ。

Amazom.comでも複数のレビューがつけられている。★1つつけたレビュアーが無料でダウンロードする価値もないと皮肉っているところがなんともはや・・・。

photo
Jerome Bixby's The Man from Earth
ANCHOR BAY 2007-11-13
Sales Rank : 1286
Average Review star
starNot what I was expecting...
starWell worth watching. But requires a mind open to possibilities.
starwere all the other reviewers payed by the producer?
starOutstanding
starExcellent movie

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/857-2c0d09e5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。