スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ警察、押収したファイル共有ユーザの証拠PCを音楽産業に提供

GermanyドイツIFPIの弁護士が語ったところによると、ドイツ音楽産業のアンチパイラシー団体Promediaに対して、警察がファイル共有ユーザから押収した証拠PCを提供し、Promediaはそのハードディスクを全てコピーし調査していることを明らかにしているよ、というお話。個人的には、民事においても利害関係のある公正な立場にない団体にこのような情報を提供することや、いかに著作権侵害が疑われているにしても、公正ではない団体にプライバシーに関わる情報の詰まったPCを提供し、そのコピーを許していることに対しては不安を覚えるのだけれども。

原典:P2P Blog
原題:German police hands over confiscated PCs to music industry
著者:Janko Roettgers
日付:November 16, 2007
URL:http://www.p2p-blog.com/item-416.html

ドイツIFPIは昨年夏、あなた方が何をしたかを知っている。少なくとも、あなたが著作権侵害に対する刑事捜査における強制捜査に直面した不幸なファイル共有ユーザに含まれるのならば。heise onlineの記事によると、今週、 ドイツ音楽産業の弁護士Clemens Reschは、警察が家宅捜索の際に押収したPCを、彼のアンチパイラシー企業Promediaに送っていると、レポーターに話している。

Raschは、彼の企業が捜査官から受け取るそれぞれのPCのハードディスクをコピーしているのだと説明した。これらのコピーは、著作権侵害に対する更なる証拠を発見するのに用いられる。PCは、クローンを作成したあと、警察に送り返される。

Promediaと警察との協力関係は、複数の理由によって懸念されている。まず1つには、音楽産業はこれらのケースにおける独立した専門家ではないということ。また、プライバシーの問題も明らかである。違法にMP3が保存されていると見られるPC内にある電子メール、インスタントメッセージのログファイル、オンラインバンキング情報、その他多くの情報への事実上のアクセスを、警察はReschや彼の企業に与えており、おそらくそれは法の領域を侵していると思われる。

heise onlineはまた、音楽産業と証拠を共有することが、その証拠を不正に改変し、全てのケースを危険に晒し、ドイツのファイル共有ユーザに新たな防衛を強いるという可能性があり、その問題点を指摘している。

ただ、せめてもの救いは、ドイツにはとりわけ、全ての個人が、企業がその人物について保存した種類の情報について、詳細な回答を請求することを可能にする強力なプライバシー保護あるということ。家宅捜索を受けたファイル共有ユーザは、Promediaにこのような要求を行ってみても良いだろう。どのような答えが返ってくるか、非常に楽しみなところだ。

プライバシーの問題は確実にアウトのような気がするのだけれど、どうなのだろうか?いかに著作権を侵害していたユーザであってもその権利は守られるべきだと思うけれどもね。少なくとも、公正ではない(私的な利益を代表する)団体に対して、このような情報を手渡すのはどうかと思うのだが。

もちろん、Promediaとしても、いらぬ批判を避けるためには余計なファイルに手を出すということはしないのだろうけれど、そのスタッフ全員が同じ意識を持っているとも限らないわけで、遊び半分でメールを覗き見したり、悪意をもって個人情報を集めるかもしれない。そうした事態が起こりうることを考えると、必要最低限の情報のみ提供し、捜査に協力を請うというほうが健全じゃないのかな。

また、ともすれば、こうした刑事訴訟の手続きは、民事訴訟にも繋がりかねない。以前にもお知らせしたけれども、ドイツ音楽産業は、刑事訴訟を利用してターゲットの個人情報を警察に捜査させ、それが明らかになった時点で民事訴訟を起すという戦略を採っている。そうした事情を考えると、安易に情報を音楽産業側に提供することは、果たして妥当なのかと思える。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/860-1bbbc0cb

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。