スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Demonoid、フォーラムを設置:ただしファイル共有の話題は控えめに

Demonoid現在、カナダのCRIAからホストISPに対する圧力を受けたことでサイトをオフラインにされているDemonoidが、そのフォーラムを設置したよというお話。ただし、そのアナウンスでは、「フォーラムは、いかなる形であれファイル共有に関連するものではありません」としており、かなり神経質なまでに気を配っていることが伺える。以前、Demonoidはオランダでも今回と同様にISPによって閉鎖を余儀なくされているし、現在のカナダでも2ヶ月ほど前にISPによって停止に追い込まれ、カナダ人をサイトから遮断することで復旧することができた。それでも依然としてCRIAからの圧力はとどまるところを知らず、今回の自体に陥っていると思われる。停止から既に1週間、依然としてトラッカーの今後についてのアナウンスがないところを見ると、きな臭い事情でも抱えているのだろうか?

原典:Demonoid.com
原題:無題
著者:Demonoid.com
日付:November 15, 2007
URL:http://www.demonoid.com/

CRIAは我々にサーバをレンタルしている会社を脅しました。そのため、サイトをオンラインに保つことはできなくなりました。ご不便をおかけして申し訳ありません。ご理解を感謝いたします。

我々は、コミュニティが共にあることを助けるため、オンラインフォーラムを用意しました。このフォーラムはいかなる形であれ、ファイル共有に関連するものではありません。単に、フォーラムが共にあるのを助けるためのものです。フォーラムに投稿する前に、同かフォーラムの規則に目を通してください。ログインにはDemonoidアカウント情報を利用できます。

フォーラムはこちらからどうぞ。

なかなか意味深なメッセージだね。実際、フォーラムのルールを見ても、Torrentリクエスト、ダウンロードリンク、アップローダ、キーorキージェネ、ポルノ、Warez、ハックなどなど、タブーな話題やリンクを数多く指定している。というか、かなり神経質なくらいになっているのが気になる。

さらに、そのフォーラムルールスレッドのモデレータの投稿もかなり細かい部分(まるでソフトウェアの使用許諾のような感じ)までユーザの責任と彼らの免責について述べられており、背後で何が起こっているのか、なんだか気になるところである。

単純に新天地に移ればいい、という状況ではないのだろうか?今後の展開が気になるところ。

BitTorrentトラッカーDemonoid

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.12.19 Wed 21:55
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.12.19 Wed 22:04
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。