スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界の1/3のPCにLimeWireがインストールされている』は間違い

LimeWire 前回のエントリでも予告したけれども、Digital Music Newsの報じた『世界中のPCの3分の1にLimeWireがインストールされている』というのは誤りだよ、というお話。実際にLimeWireが占める割合は18%弱であり、3割を超えているとされるのはP2Pアプリケーション全体に占める割合であるようだ。実際、レポートもとのDigital Music NewsはTorrentFreakに対して、その誤りを認め、訂正を行うと応えているものの、依然として修正は行われていない模様。

原典:TorrentFreak
原題:LimeWire Not as Popular as Recent Reports Suggest
著者:Ernesto
日付:December 28, 2007
URL:http://torrentfreak.com/limewire-not-as-popular-071228/

本日、複数のニュースソースが、世界中の全てのPCの36.4%にLimeWireがインストールされていると再び報道した。それらの報道はDigital Music Newsが発表したプレスリリースに基づいている。しかし、Digital Music Newsの人々は彼ら自身のデータを理解できていない。実際のインストールベースは、18%未満、厳密に言えば17.92% である。

Ars TechnicaはDigital Music Newsのプレスリリースを引用する記事を公表し、全てのPCの3分の1がLimeWireをインストールしていると報告している。この記事は、DiggSlashdotやその他のニュースソースにピックアップされている。しかし、我々が以前報告したように、この数字は正確ではない。

Digital Music Newsレポートは、PC Pitshopの収拾したデータに基づいている。残念なことに、Digital Music Newsは自らのデータを解釈することができていない。彼らはプレスリリースでそれを36.4%であると主張する。しかしそれは他のP2Pクライアントと比較した市場占有率である。これはP2Pクライアントをインストールしている全てのPCのうちの36.4%が、LimeWireをインストールしたことを意味している。

LimeWireの実際のインストールベースは18%未満である。確かに印象的な数字ではあるが、全てのPCの1/3というほどではない。とはいえ、LimeWireは大半のデスクトップコンピュータ上にインストールされるP2Pアプリケーションである。世界中のWindowsPCの5%以上のインストール率を誇るuTorrentと比べても、非常に人気のあるP2Pクライアントだろう。

2週間前、TorrentFreakはこの問題についてDigital Music NewsのPaul Resnikoffにコンタクトを取った。そして彼は我々にこういった。「あなた方は私達の報道の誤りをとらえていると考えています。私達はこれに関して訂正を出そうと思います。ご指摘をありがとうございます」。 今までのところ、当初のレポートは修正されてはいない。そして、この大きな誤りは何度も何度も事実として報道されている。

興味を持った人々のために、ここにレポートに基づいたローデータ(生データ)へのリンクを。

 

このレポートは295ドルで販売されているのだけれども、TorrentFreakは購入したのかな。読んでみたいけど、さすがに高い。ただ、ローデータは公開しているのようなので、調査には一定の制限があることを踏まえたうえで利用するのであれば有益なのかも。

さてさて、確かにここで指摘されているように、Digital Music News側は、プレスリリースに誤りがあったことを認めているのだけれども、相変わらずそれを訂正しないがために、あたかも世界中のPCの1/3にLimeWireがインストールされているかのような表現が広がっていく。正確に言えば、

PC Pitshopのスキャンを利用したユーザのうち、PC内にLimeWireがインストールされていたユーザは全体の18.3%。そのユーザ数はインストールされたP2Pアプリケーション全体の36.4%となる。

という感じ。もちろん、3割ではなかったとしても、2割弱と非常に高い割合ではあるが、少なくとも報道であれば正確に報じられるべきだろう。また、前回の紹介した記事でも指摘されていたように、実際にそのユーザがLimeWireを利用しているか、ということはわかりえないわけで、この結果が直ちに世界中の3割近くのインターネットユーザがLimeWireを利用している、というところまではいないし、実際の利用者としては、3割どころか1割にも満たないということは予測される。

このことで喜んでいる人がいるのだとすれば、それはLime WireのMike Gortonたちだけなんじゃないのかしら。現在、LimeWireはクライアント上での広告ビジネス展開を模索しているわけで、世界中に数多くのPCに(利用されているかどうかはわからないけれども)LimeWireクライアントがインストールされているということは、広告主を得るためには非常に魅力的な言葉になるだろう。もちろん、18%でも十分にすごい数になるのだろうけどね。

大半の人にはどうでもいい話だろうけれども、P2Pウォッチャーとしてはきちんとしておきたいところなのですよ。あと、最近統計のお話が多いというご意見をメールで頂いたけれど、年末なんで統計、総括、予測なんかのネタが多いからでもあったりします。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/902-816669ad

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。