スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽産業はそろそろ「音楽ファン」に目を向けろ

いたるところで、音楽は人と人との関係を繋ぐためのツールだと言われている。昨今の音楽産業の衰退は、その関係性のためのツールとしての機能が、他のものに置き換えられているためというところもある、という。音楽にそういった機能があり、そういった機能が置き換わっているという事実は否定しようもない。ただ、そういった外的要因にのみ責任を求め、それによって音楽は終わるなどという議論はあまりに短絡的ではないだろうか。

原典:くだらない踊り方
原題:「終わりの始まり」―― 音楽業界の2007年と2008年
著者:rmxtori
日付:2007年12月30日
URL:http://d.hatena.ne.jp/rmxtori/20071230/p1

私はこれまで音楽は質を求めるべきだと述べてきた。そこで語られる質とは、時代を超えた価値を持つ音楽を求めること、である(「価値」については後述)。しかし、音楽産業はそれに成功しては来なかった。少なくとも、私の言うところの質の高い音楽が存在していたとしても、それが売れてこなかったという状況が存在する。質の高い音楽を求めるということは、何もそのような音楽を作りさえすればよいというわけではない。そのような音楽が音楽シーンを代表し、受け入れられていなければならないだろう。

しかし、日本の音楽シーンとは所謂JPOPシーンであり、その最前線を見てみると、時代を超えて新たなファンを獲得できるようなポテンシャルを持った曲はほとんどない(かつてのファンにもノスタルジー以外の理由で聞かれそうな楽曲も少ないだろう)。音楽産業が目指してきた短期的に売れることを目的とした戦略の成果だと思う。

もともと志の高くない音楽のユーザーとは、純粋な意味での音楽ファンではない。
彼らにとっては音楽は、所詮ツールであり、媒介だった。

音楽ビジネスはもともと純粋な音楽ファンを相手にした商売ではなかった。
それよりも、音楽自体に対する関心の強弱とは関係なく、音楽を媒介にしたコミュニケーションに興味ある一般層がターゲットだった。

この発言が示すように、ライトリスナーをお得意様とするための戦略を続けてきた。ライトリスナーからより多くの利益を上げるための戦略。90年代が終わるまでそれは一様の成功を示した。だけど、それが短期的なものに過ぎないことを、音楽産業は十分に理解していなかったのだと思う。

短期的に音楽セールスをあげるためには、より多くのライトリスナーに音楽を購入させる必要がある。そのためには「みんなが聞いているからみんなが聞く」、そんな状況を作り出すのが近道だ。最もわかりやすい例としては、たまごっちなんかがあるだろう。「みんながほしがっているから、みんながほしがる」、そんな状況がメディアによって伝えられ、加速していく。そして再びメディアがそれを煽る。でも、結局はすぐに飽きられた。実際にはたまごっち本来の身の丈にあった需要ではなかったんだから。でも、こうした需要を作り出すために、コンテンツそのものではなくて、状況の力を用いる戦略というのはそれほど間違ってはいない。ただ、成功するのは、その需要が中身にマッチする範囲において、である。少なくともたまごっちはそれで失敗している。

このような状況の力を使うため、音楽産業はどのような方法をとったか。少なくとも私の知る限りでは、アーティストのブランディング戦略がある。ある一定層の人たちに、彼、彼女たちのファッションのシンボルとなるような存在にする、つまりアーティストのアイコン化である。その音楽を聞いていることが、そのコミュニティの一員であるという感覚。それによってその音楽はその層のマストアイテムとなる。逆に、そんな音楽こそプッシュされることになった。

ただし、そこで問題となるのは、そのコミュニティはアーティスト以外の拠り所はないのである。そして、個々のアーティストはほとんど独立していただろう。ロック、ポップといったジャンルでは同じ人たちはいただろうけれど、音楽性としてみたときに連続していることはあまりにない。もしくは一過性の(そして作られた)ブームであるか。

J-POPシーンなどというわけのわからないシーンにおいては、個々のアーティスト、個々のブームは個々にコミュニティを持つ。つまり、個々のアーティストは個々のアイコンでしかない。確かに、90年代は見事にその戦略はハマった。人々はアーティストというハブによって繋がり、ブランドに浴することができた。自らを提示するアイテムを手に入れた。つまり、音楽は関係性のためのツールに頼った。1つのブランドが衰退すると、新たなブランドを掲げると言う戦略を繰り返した。

しかし、時は流れ、人々はダイレクトにつながるためのツールを手に入れた。そうなるとアイコンは何だか安っぽいぞということに気づきはじめた。いや、むしろ気づくほどに注意を向けることもなくなったのかもしれない。 意図的であれ、無意図的であれ、そんなアイコンとしてのアーティストはもはや「イラナイ」存在となる。ブランドが価値を失い始めた。人と関係するもっと便利で時間を費やしたいツールは既に存在しており、それこそが「みんなが利用しているからみんなが利用する」という状況を作り出している。つまり、音楽産業はいつか代わりができるものとして音楽を扱う戦略をとり続けてきたということなのだろう。

しかし、人との関係を繋ぐという音楽の機能は、音楽の本質的な価値なんだろうかと疑問に思う。アイコンとしての音楽であれ、そうではない音楽であれ、音楽を聴く人は、その音楽を聴くことで心地よい気分になる。音楽は感情に訴えるものだからこそ人々は音楽を愛する。私はそこに音楽の価値を見い出している。

悲しい曲であれ、楽しい曲であれ、躍動する曲であれ、落ち着く曲であれ、人は音楽を聴くことで心地よい感情を持つ。音楽には、メロディも、詩も、思想も、声も、テクニックも、本当に数限りないすばらしい要素が詰まっている。普遍性を求める音楽には、そういった要素が確実に含まれている。だからこそ、長きに渡って人々を魅了するのだ。そして、それらの要素がすばらしいことを認める環境があるからこそ、人々はそうした要素をすばらしいものだと理解することができる。

なぜ、音楽産業の戦略が失敗したのか、その答えはここにあると考えている。音楽の価値はブランディングによっていくらでも作り出せると考え、そのための戦略を続けてきたことが、(今の音楽産業にとって)取り返しのつかない方向に進んでいる。

音楽産業は音楽バブルの時期に何をしてきたのだろうか。ただただ、自らのアーティストのブランドを押し出し、偶像化することを望んだのではなかったろうか。アーティストのファッション、アーティストの考え、アーティストのテイスト、アーティストの行動、そういったものを核としたコミュニティを作ろうとしなかっただろうか。

しかし、その当時の音楽産業に本当に目指すべきところは、リスナーをアーティストにひきつけることではなく、音楽にひきつけることにあった。音楽の魅力とは何か、それを伝えることだった。しかし、音楽産業はそうしなかった。結局は、ただただウケそうなアーティスト、楽曲を量産し、そのプロモーションによって購入を促してきた。

本当にやらなきゃいけなかったことは、人々に音楽のディスカバリーを体験させることじゃなかっただろうか。もちろん、音楽バブルに乗ってリスナーの目をアーティストとそのブランドに向けさせるほうが、より多くの利益は得られたのだろう。しかし、より長期的な成功を求めるのだとしたら、音楽に対する魅力をもっともっとリスナーに伝えるための努力と、そのための環境を整えるべきだっただろう。

CDが売れていた10年前はインディー・シーンも活況だった。ミリオンヒットの生み出す利益のおかげで、レコード店も「売れないけど志の高い音楽」を店頭に並べる余裕があった。メジャー・レコード会社も新人開発を積極的に行った。90年代、インディーからスターが生まれ、アイドル誌のカウンターでしかなかったロッキング・オン・ジャパンが急速にメインストリーム化していった。

体力があった時代、なすべきことは単にブランディングのための提灯持ちでも、それ自体がブランド化することでも、道楽としての多様性を高めるための新人育成でも、インディーの活性化でもなかった。「よい音楽」が売れるためにはどうするべきか、それを考えるべきだったのだろう。音楽シーンにおいて、なぜライトリスナーとヘビーリスナーの趣向が異なっているのか(ヘビーリスナーの選択が必ずしもよいものではないのだろうが)、ということをなぜ考えなかったのだろうか。それはそれ、これはこれ、とりあえず売れているほうをより売ることを考えたほうがいい、とでも思ったんだろうか。

音楽に限らずコンテンツ産業に関わった人間なら共感してくれるだろうが、売れる売れないと質の良し悪しは今も昔もあまり関係ない。

筆者がインディー関係者であればこそ、こう問いたい。音楽産業が、金銭的な損得を抜きにして、本当に自らが価値を見出したコンテンツを、本気を出してバックアップしたことはあるのか、と。

ライトリスナーに売れなくなったから音楽産業は終わりだよ、って発言は本当に悲しい。音楽産業を支えていたのは、音楽ではなくて、ツールであり媒介でしかなかったと・・・。なら、最初から音楽産業なんかじゃなかったんだよ。終わりだ終焉だっていうなら、音楽産業が本当の「音楽」を売ってからだろ!

音楽は「聞いて、そして好きになって、そして欲しくなる」、そういうものだろう。その黄金律は絶対だ。音楽産業が目指すべきところは、いかにして音楽を、音楽の楽しみを刺激する、ディスカバリーを促す音楽をたくさん聞かせるか、だろ?ライトリスナーに音楽の多様性を植え付けろ。ヘビーリスナーとライトリスナーを分離させるな。音楽をチェーンさせろ!ファッションフォロワーを引っ掛けるのではなく、音楽ファンに変えるんだ。

私は言いたい。曲がりなりにもアートをまとっているコンテンツが、その価値を安易に安く見積もってよく考えもせずに、今のビジネスモデルはもうだめだ、いや次はこうすべきだ、なんていっても、きっとまたうまくいかなくなる。広告モデルだの、リーチするための方法、プロモーションやなんかを考えるのは二の次なんじゃないのかな?音楽産業は音楽を売るだけではなく、それによってリスナーを育ててもいる。リスナーが音楽産業にそっぽを向くのも、一生ついていくのも育て方次第なんだよ。ダウンサイズすることを恐れていては、幹ごと崩れ去ってしまうだろう。一度適切なサイズにシェイプし、その上で「音楽」を広めていくべきだろう。間に合うかどうかはわからないけど、私はまだまだ間に合うと信じてるよ。

 

乱文ご容赦。先日の「コンテンツは砕けないッ!」というエントリの続きのような感じですが、とりあえず、思いのたけをぶちまけました。

Trackback

雲の掴み方を教えてくれ
音楽産業はそろそろ「音楽ファン」に目を向けろ 上記の記事には今後、音楽業界がやるべきこととして、 「音楽にひきつけること」 「音楽の魅力とは何か、それを伝えること」 「音楽の多様性を植え付けろ」 「音楽をチェーンさせろ!」 などと書かれていますが...
2008.01.08 20:56 | The life is juicy
Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/909-fce97395

Comment

通りすがり | URL | 2008.01.06 05:57 | Edit
突然のコメント失礼します。言いたいことはわかるのですが、若干ズレを感じます。たぶん例にだしている評が一番言いたいのは、とくに物凄い趣味趣向をもっていないまさに浮動票の部分の牌の取り合い、競争力を持ちえなくなったと言うのが肝なんだと思います。それは質とかでなく、そもそも質を追い求めている層は元から音楽マニアでしょう。例えばゲーム。結局マニアックでゲームオタが求める質を追求し続けていったら、一般層、または浮動票が全くゲームに興味を示さなくなってしまった。ゆえにDSやらWiiなど、一般人が受け入れやすいものを作ることによってその浮動票の獲得に乗り出し成功した。野球とかもいつの間にか巨人好きとかいうエセ野球好きが、サッカー、メジャーリーグの台頭で潮が引くようにいなくなった。現代はそういうことが容易に起こり得て、それを固定していたテレビの力が物凄く弱くなっている。とかそういう問題なんではないでしょうか。たぶん音楽は質を追い求めたところで音楽通は喜んでも、浮動票である一般層の誰も喜ばない。ゆえに音楽業界にお金が回らなず不景気な感じになりつづける。その悪循環におとしめる音楽業界にとって致命的なことは、携帯の台頭やらテレビの力の衰えやら、デジタルでコピーできるとかそういうのが一挙に重なってしまったことだと思います。質がどうとかじゃなく単純に、今まで出来上がってきた音楽業界の循環が崩壊してしまったんだと思います。音楽がなくなるなんて事はないんです。ただ、今まであった席はなくなると言うことだと僕は思います。
DD | URL | 2008.01.07 04:16 | Edit
同じくコメント失礼します。

現在どうにも新しいものが売れない、昔のいいものを回顧したものが売れる、
というスタンスになってきているように思えます。
私もゲーム、特にRPGが好きで、かなり色々買っているものですが、
実際の売り上げをみてみると、リメイク、続編以外、
新しい作品というのは一部例外を除いて殆ど売れていません。
すなわち、浮動票を求めると売れず、固定層を食いつぶさないと売れない。
昔に比べれば非常にクォリティーが高く面白い(と個人的に思うもの)でさえ。
そういう新しいものより古いものがいいと思わせてしまう、
まさに『売れる売れないと質の良し悪しは今も昔もあまり関係ない。』
という土台を強固に作りあげてしまったんでしょうね。

音楽に関して言えばインディーズを色々と自分で探り聞いていると、
耳に残るいい曲は未だに多いのですが、
客観的にスタイル等、売れない見た目だと取り上げてすら貰えない。

しかし実際宣伝戦略とか関係ないエロゲーや同人等、
曲だけで勝負する業界はむしろ拡大傾向にありますし、
今までは、宣伝がうまければ勝負は勝てるみたいなものだったのが、
情報ツールの多様化により嘘を嘘と見抜けるようになり、
今までの宣伝戦略が使えなくなった、というのが現在の衰退の原因ではないかと。
宣伝だけで売れる業界は衰退し、そして宣伝だけで売っていたせいで
コンテンツ自体に信用がなくなった業界の中で、
本当にいいものまでとばっちりを食った。というように感じます。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。