スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ:音楽産業の訴訟戦略、再び後退か

Germany 先日、データ保護法によってISPに保持されている情報を、著作権侵害ユーザの特定のために利用することを望んでいたドイツ音楽産業は、ドイツ法務相の手厳しい発言によってその淡い期待を砕かれることになった。これによってドイツ音楽産業はユーザに対する訴訟のための武器を(手に入れてはいなかったが)失うことになった。そのような法的戦略が再び狭まりそうな出来事が起こったよ、というお話。これまでドイツ音楽産業は、P2Pファイル共有ネットワーク上にて、違法ファイル共有を行っているユーザをトレースし、訴訟を起してきたのだけれども、その際、そのユーザが利用していた回線の加入者を被告として訴えていた。しかし、その被告となった人物が、実際にファイル共有を行っていたかどうかはまったくもって不明である。ドイツ法廷は、このようなケースにおいて、加入者が加入者以外の者の違法な活動を予見できない場合には、加入者はそれに対する責任を負わない、と判決を下している。

原典:P2P Blog
原題:German P2P lawsuits hit roadblock
著者:Janko Roettgers
日付:January 08, 2008
URL:http://www.p2p-blog.com/item-449.html

ドイツ法廷は、親が、子供の知的財産権の侵害に対して責任があるとみなすことはできないと判決を下した。これによって、これまで消費者に対する音楽産業の訴訟を助けた以前の判例を逆転させることになった。heise onlineによると、 フランクフルト地方裁判所は、侵害が行われたDSL回線の契約者であるというだけで、父親が著作権侵害に対して責任があるとみなすことはできないと判断した。

裁判そのものは少し厄介になる。レコード会社が、P2Pクライアントを利用して290のMP3ファイルを共有していたとして、ドイツの消防士に対する禁止命令を得たことからはじまる。その1ヵ月後、彼はドイツのレコード企業から別のケースとしてファイル共有訴訟を起される。今度は547曲のMP3に対して。

消防士は、Cease & Desist notice(停止警告状)に署名しており、おそらく上訴せず罰金を支払うことに同意していたのであろうが、彼はその第一審に対して反撃し、問題の時間にコンピュータにアクセスしていたのは、彼でも、彼の妻でも、彼の4人の子供達でもないと主張した。

レコード会社は、彼がコンピュータとDSL回線を所有しており、それゆえ彼は設備が侵害を目的として利用されないよう確認する義務があるとして、いずれにしても彼には責任があると主張した。

ドイツのレコード会社は、以前にも同様の議論で成功した例がある。しかし、フランクフルト法廷はそれを支持しなかった。裁判官は消防士の家族のメンバーが問題の侵害を起こした可能性が高いことには同意したものの、レコード会社が、消防士が侵害に進んで加担した、または侵害を防がなかったことを証明できてはないと述べた。後者に関しては、彼には家族の誰かに侵害目的でコンピュータを利用されると考えるに足る理由はなかったとしている。

この判決によって、音楽産業側もおいそれとはユーザを訴えなくなるのかな。このような点を留意するとなると、一人暮らしを狙う?といいたいところだけれど、IPアドレスから相手が一人暮らしかどうかなんて判別できない。となると、道は2つ。こうしたケースは事故的なものと捉え、これまでどおりの戦略を続ける。もしくは、こうしたケースに当たらないように、これまでの戦略を修正する。

もちろん、後者を選択することは無いのだろうけれど、かといってこれまでどおりのやり方が受け入れられ続けるとも思えない(むしろ、受け入れられない、という流れができつつあるようにも思える)。以下の関連エントリを見てもわかるように、ドイツ音楽産業は昨年から今年にかけて、数多くのアンチパイラシーオペレーションを行っている。しかし、現実には目立った効果をあげてはいないうえに、多くのやり方を否定されているようにも思える。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/926-1baabbad

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。