スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最大のBitTorrentトラッカーThe Pirate Bay、ようやく著作権侵害幇助で訴えられる

The Pirate Bay先ほどお伝えしたように、The Pirate Bayの管理人ら4名がスウェーデン検察に起訴されたよというお話。正直、ようやくというか、随分かかったなという印象もあるけれど。彼らにかけられた嫌疑は、4つのソフトウェア、9本の映画、22曲の楽曲の「著作権侵害の幇助」であるという。また、彼らはそれぞれ188,000ドル(約2,000万円)の罰金を求められているという。これは損害賠償とは別であり、損害賠償は原告となった企業が2月末までに請求することになる。おそらく、The Pirate Bayの活動はAllofmp3の比ではないのだろうから、、損害額だけを算出すればAllofmp3に対する損害賠償請求額の200兆円を超える莫大な額になると思われる(もちろん、The Pirate Bayに対する訴えは著作権侵害の幇助であり、Allofmp3のように直接楽曲を保存し、その配信によって利益を上げていたわけではないので、賠償額としては控えめなものになりそうだけれど。それでも莫大な額になりそうね)。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Admins Charged with Assisting Copyright Infringement
著者:Ernesto
日付:January 31, 2008

スウェーデンの検察官Håkan Roswallは、The Pirate Bayに関連した4人の個人に対する起訴を発表した。23歳から37歳の4人は、4つのソフトウェアアプリケーション、9つの映画、22曲の楽曲の「著作権侵害を幇助した」とされている。

「The Pirate Bayの活動は、広告収益を通して資金調達されていました。それは著作権保護された作品とパフォーマンスを商業的に利用していたことになります。」と検察官Håkan Roswallは声明を述べた。

Roswellは、4人-Fredrik Neij (”TiAMO”), Gottfrid Svartholm (”Anakata”), Peter Sunde (”Brokep”), ビジネスマンCarl Lundström-それぞれに、188,000ドル(約2,000万円)を科することを求めている。また、彼らのコンピュータの没収なども含まれている。この起訴に含まれる著作物としては、The Beatlesの"Let It Be"、Harry Possterの”The Goblet of Fire”などがある。

Warner Bros., Colombia Pictures, 20th Century Fox, Sony BMG, Universal, EMIら原告は、2月末までに損害賠償請求を起こすことになっている。

この起訴に対して、The Pirate Bayの共同設立者でもあるPerter Sunde("Brokep")はTorrentFreakにこう述べている。「我々はもちろん、裁判の結果については興味を持っています。そして我々が既に合法的であると知っているものを違法化しようとしている彼らの試みを我々は歓迎します。」

2006年5月、論争を引き起こしたThe Pirate Bayに対する強制捜査の後、法的調査はほぼ2年間に渡って行われることとなった。その際、スウェーデン警察は180台のサーバを押収したが、その大半はThe Pirate Bayとは無関係のものであった。昨年12月、ようやく捜査は終わり、捜査資料は4,000ページにも及んだ。

例え法廷がどのような判決を下そうとも、The Pirate Bayユーザはサイトがオフラインとなるということを心配する必要はないようだ。「我々が差し迫った裁判(ほんと差し迫ってるよね)に負けたとしても、サイトに何1つ変化はないだろう。The Pirate Bayはいつもと変わらず運営され続ける。我々は長きに渡ってここにいた。そして、これからも我々はここにいる。」とSundeは述べている

先ほどの記事でも述べたことだが、The Pirate Bayは、もはやスウェーデンでホストされてはいない。実際、The Pirate Bayのクルーですら、彼ら自身サーバがどこに位置しているのかまったくわからないのだという。2006年、彼らのサーバが家宅捜索を受けた後、彼らは彼ら自身がサーバの所在を知らないほうがよいだろうと決定した。ただ唯一わかっていることは、彼らは単一の国でホストしているわけではない、ということぐらいだろうか。

起訴への反応

ファイル共有を支持する団体、PiratbyrånのMagnus Erikssonは「The Pirate Bayは一分たりともダウンすることはないでしょう。The Pirate Bayは現在、複数の国で運営されているため、どこか1つところのボタンを切ったところで、停止することはできません。」という

Heiseによると、Magnus ErikssonはThe Pirate Bayのクルー達が有罪判決を下されるとは考えていないようだ。「それはほとんどありえないでしょう。捜査の間、The Pirate Bayがおそらく有罪だろうとする、さまざまなものを持ち出すという試みがありました。それが経済的犯罪である前に、現在、このような幇助によって起訴されたことは、おそらく検察官にとって我慢の限界に達していたということのなのでしょう。」

IFPIの常務取締役のLudvig Wernerは、裁判が進呈していることを喜んでいるようだ。「The Pirate Bayの活動は違法なものであり、したがって起訴されるべきだという我々の見解を、検察官と共有できたことに満足しています。」

IFPIの会長兼CEOであるJohn Kennedyは、このように述べている。「The Pirate Bayのオペレーターたちは、常に金儲けに関心を示してきました。音楽に対しての関心ではありません。The Pirate Bayは、ほとんどの法律がEU諸国に準じているにもかかわらず、スウェーデンをロシアと同程度の知財法しかない海賊達の避難所であるかのようにしてしまいました。」

これが最後だとは思わないけれど、それでも最後にとんでもない爆弾を残していったと思う。彼らが常日頃言い続けてきたヒドラであれ、ということを体現しているようにも思える。まぁ、物理的に停止する術はいくらでもあるのだろうが、法的に停止させるための手続きとなるといささか面倒なことになる。おそらく世界各国にサーバーを拡散させているだろうから、いかにスウェーデンにおいて敗北したとしても、もはや容易に止める術はないのだろう。何とも海賊らしい。

訴訟の展開については・・・全くわからないよなぁ。わからないからこそ、ここまでこじれているわけで。それでも、著作権侵害そのものに対しては罪を問えなくとも、実際にThe Pirate Bayの活動が著作権侵害を誘発させているのは事実。おそらく問題になるのは、積極的に著作権侵害を予防するための手段を講じなかったこと、になるのかな。たぶん、その辺のやり取りが主になると思うんだけどね。検察側は、著作権侵害の事実を知りつつ(大量の削除通知が送られていながら、それを無視するどころか、公開して茶化しているわけだし)、少なくとも可能な範囲での著作権侵害の予防措置を取らなかったということは指摘されると思う。

一方で、The Pirate Bayは著作権侵害は全てユーザアクティビティによるもので、サイトのポリシーとしてそれには一切関知しない、単純にBitTorrentというシステム上必要なリソースを提供してただけだ、The Pirate Bayが保持していたものはTorrentであり、著作物ではない、といった主張をするのだろう。

ただ、システムはどうであれ、著作物の違法なやり取りに加担していたのは事実であり、法廷がそれをどう判断するのかが気になるところ。現在、多数のBitTorrentサイトがスウェーデンに集結しており、今すぐに判決が下されるというわけではないが、この裁判の行方がいわゆるアングラなBitTorrent界隈の未来を大きく変えるのは間違いないだろう。まぁ、少なくとも世界最大のBitTorrentトラッカー対コンテンツ産業が実現したわけで、これが何の影響もないということはありえないわけでね。

それにしても、不謹慎ながらThe Pirate Bayの行動はいつも見ていて面白い。個人的には、The Pirate Bayがトラッキングしている全てのコンテンツ以上に彼らの行動が面白いと思ってしまう。私にとっては彼らの生き様自体が最大のコンテンツってところなのかもしれない。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/936-2b70b72d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。