スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

doubleTwist、誰でも簡単にDRMを解除・共有できるデスクトップ/Webアプリを提供

DVD Jonといえば、数多くの人が知るクラッカーの1人だけれども、その彼が設立したdoubleTwistが、デスクトップアプリケーション"doubleTwist"の提供を開始したよ、というお話。これ、面白いのが、DRMによってデバイスごとに利用制限されていたコンテンツのDRMを解除し、別のデバイスに転送してくれる、というところ。DMCAなどを考えると、米国での展開というのは難しそうな気がするのだけれども、その辺はどうなっているのかしら。

原典:Ars Technica
原題:doubleTwist makes DRM-stripping, sharing easy as pie
著者:Jacqui Cheng
日付:February 19, 2008

DVD Jonは成長を続ける。彼はもはやメディアの仕込まれたDRMからGeekたち自由にするのを助けるだけではない、彼はわれわれの親の世代ですらそれを簡単にできるようにしたいと考えているようだ。doubleTwistという新規ベンチャーで、既にDVD Jon DVD Jon (Jon Lech Johansen)とパートナーMonique Farantzosは、Windows Media DRMやiTunesのFairPlayといった世界で最も一般的なフォーマットのDRMを剥ぎ取るデスクトップ/Webアプリケーションをリリースしている。ドラッグアンドドロップだけ、という簡単なものだ。

「電子メールを受け取ったとすれば、それはBlackberryでも、Webメーラーでも、Outlookでも読めますよね。電子メールではうまくいくわけです。」とFarantzosは述べる。「でも、友達の携帯電話や自分自身のiTunesプレイリストのビデオといったデジタルメディアでは、それはジャングルに迷い込んむようなものです。ファイルを正しいフォーマットの変換し、それをSonyのPSPや携帯電話に転送するのに、無駄な時間や労力を必要とするわけです。[...] 私たちの目的は、一般的な消費者が、デジタルユニバースを広げていく上で頭痛の種となるものを取り除くことができる、シンプルで統合されたソリューションを提供することなのです。」

これら2つの新たな提案は、まずWindows Vista/XP向けのdoubleTwist Desktopのベータから開始される(Macヴァージョンは、今年の第2四半期の予定)。デスクトップアプリでは、サポートされたデバイスを接続すると、ソフトウェアは自動的にデバイスに保存されたメディアファイルを認識する。そして、それらをコンピュータ上に転送し、コンピュータは自動的にファイルを変換する。その際、(必要に応じて)DRMを解除する。そして、doubleTwistとiTunesライブラリを同期させたり(完全に統合されている)、doubleTwistを利用している他の友達とファイルを共有したりできる。ファイルの制限はないが、doubleTwistによると、それぞれ共有されるビデオファイルは10分以内、オーディオファイルは20分以内となる。

これが意味するところは、doubleTwistを起動しているWindows XPマシンに自らのデバイスのぷらぶを差し込むだけで、それがどのようなファイルであっても(DRMedでもそうでなくとも)、DRMフリーフォーマットでそれらをコンバートし、他のデバイスとそれらのファイルを同期できるということである。また、メディアの管理のためにiTunesを利用したいという場合でも、iTunesで音楽の管理が続けられるように、doubleTwistはiTunesとダイレクトに統合することができる。これまでサポートされているデバイスは、Sony PSP、Nokia Nシリーズ、Sony Ericsson、Walkman、Cybershotフォン、LG Viewty、複数のWindows Mobileスマートフォン、Amazon Kindle。奇妙なことに、未だAppleのiPodはここにリストされていない。しかし、doubleTwistは最終的にはiPhoneとの互換性を約束している(直接iPodをプラグアンドプレイではできないが、doubleTwistはiTunesプレイリストを読み込んで、プロテクトされたAACファイルを他のデバイスと同期可能な形にデコードすることは可能だという)。

彼らが提供する2つ目のものは"Twist me!"である。これはユーザに人気のソーシャルネットワーク上で友人たちとファイルを共有するためのFacebookアプリケーションである。ユーザはたくさんの音楽やビデオファイル(最大10MBまでの)を選択し、ウィジェットを介して友人たちと共有することができる。その際、共有しやすいフォーマットに変換し、選択された友人たちに送信することができるのだという。しかし、私がアプリを試してみたところ、エラーが生じてしまった(おそらくヘビートラフィックのため)。またdoubeTwistは、他のソーシャルネットワークとの互換性も約束している。

その利便性は別としても、doubleTwistのベンチャーとしての合法性は疑わしいものがある。DRMの回避は、法律上好ましいものとは判断されないだろう。特にDMCAは特定のケースを除いては、それを禁じている。また、"ファイル共有"という曲がり角の先には、800ポンドのゴリラ(訳注:巨人の意)が待ち構えている。数日とまではいかないが、数週間のうちに目前に現れることだろう。そういった理由から、doubleTwistがこれまでに受けたベンチャー融資が、欧州をバックグラウンドにもつベンチャーキャピタル企業だというのは興味深いところである。SkypeやLast.fmといったベンチャーにも融資してきたIndex Venturesは、このパートナーシップに期待しているようで、doubleTwistを「拡大しつつある消費者の問題のシンプルながらもパワフルなソリューション」と評している。

とはいえ、我々は必ずしもDRMが「拡大しつつある」問題だとは考えていないだろう。それは特に、音楽産業のDRMの終焉が差し迫っていることにある。すべての4大メジャーレーベルと膨大な数のインディペンデントミュージックレーベルは、既にDRMを捨て去っている。また、残された(iTunesを含む)数々のオンライン配信業者も、今年1年を通じてその道筋をつけることになるのは間違いない。しかし、ビデオに関して言えば、DRMは依然として生き続け、機能している。したがって、doubleTwistが新たなDRMスキームの上にとどまることができるのであれば、同社の未来は明るいものとなるだろう。

現在提供されているベータサービスでは、ユーザはそのトラブルを報告したり、サポートを望む特定のデバイスのリスクエストを行うよう推奨されている。

なかなか面白いんだけど、やはり気になるのは著作権にかかわる問題かなぁ。特に米国においては、DMCAによってDRMの回避はご法度とされているので、米国向けのサービスとしてdoubleTwistを提供するのは難しいかもしれない。その辺は、何かしらの算段があるのかもしれないけど。

ただ、デスクトップアプリケーションとしてのdoubleTwistがよいなぁと感じるのは、少なくとも個人での利用に関してDRMに煩わされることなくシームレスに他のデバイスと共存させることができるということだろうか。ただ、制限のあるデバイス、サービスを提供していることで利益につなげている企業にとってはたまったものではないだろうけれどもね。Appleなんかはそのいい典型かも。FairPlayが有効である間、Appleは販売したDRMによってiPod以外の選択肢を抑制しているわけだしね(言ってしまえば、iPodあってこそのiTSであって、その逆ではない、というところだろうか)。

気になるところとしては、音楽産業の反応。Arsが指摘しているように、音楽産業はすでにDRMフリーへの方向に向かっており、DRMというオプションはもはや1つの交渉材料以上のものではないように思える。その段になって、DRMを解除することに対してどう反応するのだろうか、という部分が気になる。もちろん、自分の所有しているデバイスやPCから、友人の所有しているデバイスに楽曲を簡単に転送できてしまうということは危惧するところではあるだろうけれど。

さらに、doubleTwistが提供する"Twist me!"というファイル共有サービスに対しては、より悪い印象を持ってしまうだろう。もちろん、これまでも多数の特定少数向けのファイル共有サービスが登場しており、それらが槍玉に挙げられているという段階でもないだろうが、DVD Jonが提供するサービス、DRM回避を謳ったアプリケーション、となると何らかのバイアスがかかった目で見てしまうかもしれない。

まぁ、とりあえずインストールしてみましたよっと。ただ、最近PCを新しくしたばっかりなので、iTunesもインストールしていなければ、以前のマシンからメディアを転送してもいないのよね。なので、セットアップまでのご案内(doubleTwistのHelpでもビデオ解説があるよ)。

まず、doubleTwistからインストーラーをダウンロードして実行。

 

規約を読んで次へ。最近だと最初からチェックボックスにチェックが入ってるのって珍しくなったね。

インストール完了。下段のチェックボックスは、「iTunesで購入した楽曲を解放する(すべてのデバイスで再生できるようになります)」って感じなので、おそらくはDRM解除をするかどうか、というところかと。まぁ、このアプリケーションを利用する人はそういった目的でこそ利用するのだと思うけど。これ以降、意識的にDRMをうんたら、という項目もないので、本当にここだけで設定できちゃうって感じかも。とりあえず、フィニッシュで。

 

こんなウィンドウが立ち上がる。とりあえず、最初にレジストしておけ、ということらしい。とりあえず、Cell Phoneの項目は番号なのかアドレスなのかわからなかったので、空欄のままにした。それでも通ったよ。ただ、記入したアドレスに送られてきたメールでレジストするので、これは必須。また、これがdoubleTwistのユーザIDになる。Countryは日本もあるよ。

クライアントが起動すると、ログインを求められる。先ほど入力したメールアドレスとパスワードを入力。

送信されたメールからレジストを完了していないとこういうメッセージが出る。メールチェックしてレジストを完了しましょう。

レジスト完了しましたよ表示。タスクトレイに常駐しますよ宣言とも取れる。

ようやく(といっても1,2分のものだったが)クライアントが起動。基本は上記の3つのタブで操作していくことになるようだ。友人がFacebookアプリで共有してダウンロードされたコンテンツが「recent notifications」に表示されるみたい。友人登録された人からものも、友人として認証されていない人からのものを別に表示できるみたい。とりあえず、最初はdobleTwistチームからのビデオと写真が共有されている(doubleTwistチームは最初から友人のようだ)。

写真は見ることはできなかったが、ビデオは視聴できた。Zumeのプロモーション用ビデオだった。クライアント上で再生できるのね。

続いてシェアタブ。こちらでは、誰とどのファイルを共有するのかを選択することができる。 左サイドバーから共有したいファイル、共有したいユーザを選択する。メッセージを添付することも可能。

上記の画像は、doubleTwistから送られてきた画像を誰かと共有しようとしているところ。ただ、Facebookにお友達がいないので、送信する相手もいない(そもそも、レジストしていない)。選択したら、右下のでっかい「Share」ボタンを押せばいいんだろうね。項目は「my Picture」「my video」「my device」「my itunes」「my computer」とあり、PC内のファイル、デバイス内のファイルをFacebookネットワーク経由で共有することができる、という感じ。

続いては、Syncタブ。こちらはローカルPCまたはデバイスと別のデバイスとの同期が可能になるみたい。ここでは転送元となるデバイスやPC、転送先のデバイスを選択できるみたい。サポートされているデバイスを2つも持っていないので、確認はできず。とりあえずここまできた以上は、iTunesをインストールして、iPodを接続してみた。

とりあえず、iTunesのライブラリ(DRMedではないよ)を転送元に、長い付き合いのiPod miniを 転送先にしてみる。「Sync」を押してみた。

なんかエラーでた、と思ったら、iPod内の既存のライブラリ消すか?というお達し。すかさずNoを選んだら、ライブラリを消すことなく転送してくれるようだ。

と、ここまで順調そうにレポートしているけれど、実際に私のiPod miniには転送されていなかったり(認識できていない?)。

とりあえず、利用開始からここまで30分程度だけれども、クリックとドラック&ドロップだけで操作できるというのは、一般的なユーザにも直感的に利用できてよいのかも(実際転送できるかどうかはわからなかったけど・・・)。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/952-6846d37e

Comment

teru | URL | 2009.06.11 11:42
ダウンロードまでは出来ましたが、create accountが出ません。突然signupを求められます。どうしたらよいですか?
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。