スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gemini Project:ISPによるBitTorrentトラフィックブロックを検出

イタリアのP2Pforum.itで行われているGemini Projectが、自分が契約しているISPがBitTorrentトラフィックに対し、帯域制御を行っているかどうかを検出してくれるLive CDを提供しているよ、というお話。

原典:P2P Blog
原題:Does your ISP block Bittorrent? Find out with the Project Gemini Live CD
著者:Janko Roettgers
日付:March 24, 2008

イタリアのP2PサイトP2Pfoum.itのユーザが、契約しているISPがBitTorrentをブロックしているかどうかを検出するためのLive CDをコンパイルした。このプロジェクトは、EFFの"Test your ISP"ガイドに一部基づいているが、PCに新たにソフトウェアをインストールしなくても済むという点で、そのプロセスを非常に単純化してくれる。

Webサイトより;

このプロジェクトの目的は、以下のテクニックによって証拠を示すことです。私たちは2つの『ライブ』オペレーションシステムを開発しました。そこでは、インターネットを介して互いに接続し、BitTorrent転送を開始、そして、その伝送を記録することになります。その後、トラフィック分析を含むレポートを生成します。

Live CDのユーザは、shellによくわからないコマンドを入力する必要はない。実際、BitTorrent転送のためにセットアップする必要すらない。Live CDは自動的に転送を開始し、あるユーザはトラッカーとして、あるユーザはアップローダとして動作する。

このGemini ProjectのLive CDは、Ubuntuをベースにしており、ComcastのBitTorrent制限を確認するためにEFFが開発したpcappdiffツール同様に、Wiresharkを採用している。自分のISPをテストしたいというユーザは、ペアを組み、異なるIPアドレス間での実際の転送をテストするための2種類のLive CDをダウンロードしなければならない。

業界関係者からは、Comcastと同様にBitTorrentを遮断している米国ローカルISPがあると聞いている。それらの会社がこのツールによって明らかにされるのを見守ろうではないか。

ある意味ではComcastが危うい帯域制御を行っていたことが問題になっているからこそ、こういったものが生み出されていくのかなぁと思ったり。じゃなきゃ、海賊ユーザが何言ってんだバーローとでも言われかねない部分もあったろうなぁと。

でいて、Comcastの問題がここまで大事になったってのは、TorrentFreakがそれを明らかにして批判を開始したってのもあるけど、やっぱりBitTorrentなんかのP2Pプロトコルを利用したファイルデリバリーを行っている企業があったから、ということが大きいだろうと思える。(それが成功しているかどうかってのは別としても)以前の海賊ファイル共有を前提としたP2P企業とは、一線を画す合法的なP2P企業に置き換わっているというところがあって、そういった企業からの「過剰な帯域制御」に対する批判であったからこそ、説得力が伴ったのではないか、と思える。もちろん、ベースにはネット中立性の議論があるのだとは思うけどね。ただ、それにもう一段階妥当な主張をのせるだけの状況があった、というのは重要だろうなぁと思える。

ComcastとBitTorrent Inc.の提携はあったものの、まだまだComcastの一件は連邦通信委員会の出方次第ではどう転ぶかはわからない。また、もはやこの問題はComcast一社だけの問題ではなく、ISPと帯域制御という根本的な問題となっている。そうした中、こういったツールによって、他のISPの現状を明らかにすることで、よりよい議論が行われるようになるのではないか、と思われる。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/984-fd273564

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。