スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitTorrentトラッカーからBitTorrentインデックスサイトへ:「うちのtorrent、著作権侵害みたいだから削除して!」

フランスのプライベートBitTorrentトラッカー管理人が、複数のBitTorrentインデックスサイト管理人に対し、同トラッカーにリンクされたtorrentを削除し、今後追加しないでほしいと依頼しているよ、というお話。インデックスサイトに削除要請が来るのはそれほど珍しい話でもないのだが、その相手が著作権者やそれに雇われた団体ではなく、同業者のトラッカーサイトだというのはなかなか面白い。とはいえ、背景には、このトラッカーに対する著作権者からのクレームがあってのことだったりするのだが。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Tracker Sends Takedown Request to Torrent Indexers
著者:Ernesto
日付:April 06, 2008

複数の企業から大量の削除要請を浴びたフランスのプライベートBitTorrentトラッカー ELiTE-TEAMは、最近、Torrentインデックスサイトに対して彼らのtorrentを削除し、新たなに追加することは止めてほしいと依頼している。しかし残念なことに、後の祭りだ。

複数の大手BitTorrentサイト宛にELiTE-TEAM管理人が送ったemailにはこう書かれている。「我々のメンバーたちが、あなたのインデックスサイトに我々のTorrentをポストしたことで、最近我々は大手企業に雇われたアンチパイラシー組織から非常に多くのクレームを受けています。可能であれば、私のトラッカーに関連した全てのtorrentを削除し、今後新たにそれらのtorrentを受け入れないようにお願いできないものでしょうか?」

管理人は既に彼のトラッカーのメンバーに対して、他のサイトにポストしないようお願いしている。しかし、彼が書いているようにこのお願いは受け入れられてはいないようだ。「我々は既にトラッカー上にアナウンスを掲示しました。しかし、120,000人超のメンバーたちはそれほど協力的ではないようです。」

大部分のBitTorrentサイトのオーナーたちは、削除通知の取り扱いについては熟知している。しかし、これらは通常ライツホルダーまたはアンチパイラシー団体から来るものであって、お仲間のサイト管理人から来るというのは聞いたこともないだろう。

それ以上に、torrentが共有されるのを防ぐことは当然ながら不可能である。そもそもそれ自体がファイル共有の目的なのだから。ELiTE-TEAMのtorrentの拡散を防ぎたいのであれば、唯一の選択肢はトラッカーを停止させることだけである。

一方で、ELiTE-TEAMはコンテンツオーナーたちと協力する気があることを示すことで、アンチパイラシー団体の射程圏内から逃れようとしているようだ。彼らは削除要請の掲載や、免責条項ページの削除まで行っている。

にしても、Torrentインデックスサイトに対して削除要請を行うことが最適な解決策だとは思いがたいのだが。

私もしばらくBitTorrent界隈の話を見てきているが、トラッカーサイトから削除要請が来るというのは聞いたことがない。なかなか面白い状況でもある。

TorrentFreakも意地悪な推測をしているが、本音の部分ではあながち間違ってはいないだろう。「権利者に目をつけられないようにそっとして置いてくれ」。おそらくそれが本音だろう。とはいえ、それはそれでよいのではないのかなとは思える。もちろん、12万人のメンバーというのは少ないとは決していないのだけれど、それでもその中だけで行われている分には、パブリックBitTorrentサイトにTorrentサイトにポストされるよりは幾分はマシなのだから。

かといって、それを止める術もないというのも事実。もちろん、一部のTorrentインデックスサイトの管理人は削除してくれるだろうが、結局ユーザが再びアップロードすることになるだけだろう。それに対してまた削除要請を行う・・・その繰り返しになることは目に見えている。少なくとも、こうして他サイトにアップロードすることにほとんど意味はない。もちろん、そのTorrentを利用するユーザが多数いればダウンロード速度は速まるかもしれないためにこうしているんだ、ということも考えうるが、サイト運営者がこうした危機的状況を訴えてなおそれを続けるというのは、それほどまともな理由ではないと思われる。プライベートトラッカー周りっていざこざが耐えないというしねぇ・・・。

さてさて、たった今このELiTE-TEAMのサイトに行ってみたら、繋がらなくなっている。一時的なものか何なのかはよくわからないけれど。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/993-cb483b4c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。